K.Sくん (須磨浦小学校 卒業)

西大和学園中
岡山中   合格

理科塾のかかわり:個別授業 および 家庭教師

 

ぼくは小3から大手塾に通って、ずっと最難関コースにいました。

秋になって塾の先生から「第一志望は受けさせられない。志望校を下げないならやめてほしい」と言われました。

すごくびっくりしましたが、時間がないので別の塾に変わることにしました。

でもその塾では「もう6年生の入塾は締め切りました」と言われました。

10月から6年生の入塾はどの塾も受け付けないことになっていたそうです。

信じられなくてすごく泣きました。

 

元の塾に戻れば行きたくない学校を受けさせられるので、家庭教師だけで頑張ることにしました。

前から算数と国語の先生には来てもらってたのですが、その国語の先生が理科塾を教えてくれました。

最初何回か通ったのですが、すごく遠くて時間がかかるし、疲れてしまって後の勉強が出来なくなったりしました。

あきらめようと思っていたら、母が家庭教師に来てもらえることになったよと言ってくれました。

先生は休みの日に朝から来てくれ、弱点をなくしてくれました。

それで理科は怖くなくなりました。

 

あのままいたら、チャレンジもさせてもらえなかったと思います。

ありがとうございました。

 

【理科塾から】

古い友人の先生から「助けてあげて!」と電話が入ってきた時のことは今でもはっきり覚えています。

心身共にボロボロになったKくんにお会いして、お手伝いを即決しました。

身体的なハンデを揶揄されイジメられたこともあったと聞きましたが、腐ることなくとても頑張り屋でした。

残念ながら第一志望はほんとうに惜敗でしたが、満足しきった爽やかな笑顔で我々を逆に励ましてもくれましたね。

ご縁のあった学校で、大活躍中とお聞きしています。

のびのびと頑張ってくださることをお祈りしています。